パンティを3日間使用したらどんなことになるか

彼女に頼み込んで3日間はいてもらった

俺は女性の身体から出るものすべて好きだ。
オシッコ、うんち、おなら、せき、鼻水。
愛液、生理の血、そして、おりもの。
とくに綺麗な女性の場合、その価値は倍増する。

特に好きなのがおりものだ。

といっても、そんな簡単に手に入るものじゃない。

「おりものちょうだい」

なんてお願いしてすぐに出てくる代物じゃない。
おりものは膣から静かにパンティに沁みこむものだ。

最近、出会い系で知り合った女性に頼みこんでパンティを3日連続してはいてもらった。
目的はおりものゲット。
出会い系では、アブノーマルなことが好きなM系女子にターゲットを絞っていたので、彼女は二つ返事でOKしてくれた。

作業(?)にあたっては、俺が通販で買った綿パンを使ってもらうことにした。
たっぷりと新鮮なおりものを付けてくれることを願った。


こんな匂い今まで嗅いだことがない!

そして待ちに待った3日が過ぎた。

彼女は約束通り綿パンを紙袋に入れてホテルに持ってきてくれた。
軽いノリでこんなことを言う。

「こんなもの欲しいなんて信じらんない。マジ臭いよ」

マジ臭いの大歓迎。
臭い理由はたぶん、おりものだ。
胸をドキドキさせながら袋を受け取った。

それからいつものセックスをして汗を流す。
今日だけは下半身を舐めずに済ませようと思った。
アソコの匂いは、帰宅してからゆっくりと味わおうと思わんだ。

そしてその夜、そっと袋から綿パンを取り出し、開いてみた。
クロッチの部分にベトっと薄黄色いシミがついて、中央が少し盛り上がっている。
鼻を寄せると金属が焼けるような匂いがした。

―そうなんだ、これがおりものの匂いなんだ―

昔、某サイトで買った2日使用パンティについていたおりものと同じ匂いだった。

表面を爪でこすってみる。

粉のような粒子が爪の先にこびりつく。
おりものは乾燥したら粉状になるのだ。

それから俺がどうしたかって?

彼女と二回セックスした後だったけど、チ○コを奮い立たせてオナニーしたよ。

おりものの匂いをかぎ、粉を弄りながらね。

この綿パンは俺の宝物。
彼女に会えない夜のお友達だ。


パンティを3日間使用したらどんなことになるか

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.