ロープでM字開脚! 俺流の楽しみ方

やっと覚えたM字開脚の作り方

M字開脚の縛り方を最近ようやくマスターした。出会い系で見つけたM女を使ってさんざん練習し、やっと身に付けることができた。

今回試した女も出会い系のM女。25歳の家事手伝いだった。縛られた状態でペニスを刺しこまれると悶絶すると自己紹介した。いい女に出会ったと思う。

さっそく俺のアパート(飼育場)に行き、プレイすることにした。

M字開脚は、前手縄と後手縛りの方法さえマスターしておけば比較的容易にできる。だが縄は4本必要なので、ちゃんと準備しておかないと中途半端なM字になるので注意だ。

全裸の彼女を縄で縛る。

「いやぁん・・・気持ちいいわ」

既に感じ始める彼女。普通の人間が「痛い」というところ彼女は「気持ちいい」と言う。眉間に皺をよせ、いやいやをする。

ぎゅうぎゅう縛る。

太ももをすねを拘束する際は3回巻きつけるが、俺の場合5回巻く。完全に自由を奪うのが俺のやり方だ。


オマ○コに少しずつ近づく線香のともしび

ほどなくM字開脚は完成した。

オマ○コはスケベ汁でグチョグチョしていて気持ち悪くなっていた。まるで海鼠(ナマコ)だ。

「きたねえな、お前のオマ○コ」

「やあん。そんなこと言わないでええ。可愛がってええ」

恥辱的な格好をさせられているうえにオマ○コの悪口を言われ、至福の中にいるのだろうか。オマ○コがますます濡れてくる。指を入れるとヌルヌルしてチュウチュウ吸い付いてくる。

「スケベなオマ○コだな」

「可愛いオマ○コって言って」

「それじゃオマ○コ様にお祈りでもするか」

俺は線香に火を付けるとオマ○コに刺しこみ、つつましく合掌した。かおり豊かな線香の煙がゆっくりと立ちのぼる。静かな時間が流れる。

「線香の火が少しずつオマ○コに近づくぞ。お毛毛が燃えてちりちりになっても知らねえぞ」

「やあん」

俺はその光景を見ながらウイスキーの水割りを飲む。そうやってM字開脚を楽しむのが俺の週末の趣味だ。

線香の煙とM字開脚。これ以上の酒の肴を俺は知らない。



他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.