女から好かれるより嫌われるほうが好きな男

無理矢理付き合ってもらって冷たくされるMの快感
無理矢理付き合ってもらって冷たくされるMの快感

人は人から愛されるほうが嬉しいに決まっているのに、僕の場合いつからそうなったのか、嫌われたり冷たくあしらわれたりするほうが嬉しいみたいです。

特に好きな人から痛い目に遭わされるのが好きなのです。じんとくるのです。そういう意味では嫌われているほうが「愛されている」快感を得ることができるとも言えます。そのことを僕の中では「Mの快感」と呼んでいます。

今交際している(交際していると思っているのは僕だけかもしれませんが)女性は2歳年上のOLですが、僕に冷たくあたります。

「だから君とは普通の友達でいようって言ったでしょう」

「友達・・・ってことは、えへへへ、フレンドか・・・てことはセックスフレンドにもなれるんだね」

「馬鹿」

いつもこんな感じです。


Mの快感があるならSの快感もあるはず・・・

でもこの程度では「Mの快感」は来ません。もっと痛烈な責めが必要なのです。

「今日はもう解散しようよ・・・私はこれから用事があるから」

「一回だけセックスさせてもらったら解散してもいいよ」

そう言うとふくれっ面をし、目をマジにつり上げて怒ります。

「いい加減にしないと怒るよ」

「怒った顔が美紀さんらしくて綺麗ですね」

「死ね」

死ね・・・。この最高に人を侮辱する言葉。人はその言葉によって精神的に死にます。でもこの言葉が僕の性感帯中枢に心地よく刺さるのです。

―ああ、来た来た! Mの快感が来た―

もっと言ってほしい。死ねだのクソだのクズだの、徹底的に罵ってほしい。貶されたら貶されるほど、僕は気持ちよくなるのですから。綺麗で好感を寄せる女性から言われる痛烈な罵言は、僕にとって最高の快感材料なのです。

「一回だけね」

それは昨日のことです。彼女がやっとセックスOKと言ってくれたのです。

セックスのときも彼女は僕への中傷をやめませんでした。

「君みたいなスケベ男を相手にすんのは今日が最後だからね。だいたい君みたいなどうしようもない男が私につきまとうなんて1000年早いんだよ」

「言ってください・・・・言いたいこと全部言ってください」

そう懇願しながらセックスします。

彼女は僕を罵りながらも女の快感に浸っていきます。

彼女ももしかしたら「Sの快感」を得ているのかもしれあません。

本当に嫌だったら、絶対に会わないだろうし、ましてセックスなんてさせてくれるわけがないですからね。


女から好かれるより嫌われるほうが好きな男