女王様の固いハイヒールの踵が恋しい

ハイヒールがお好きでしょ 
ハイヒールがお好きでしょ 

女性のハイヒールを見ると踏まれたくなるのは俺だけだろうか。電車の中だろうと街の一角だろうとハイヒールを見た瞬間、顔、腹、尻、そして陰部への踏み潰しを妄想してしまう。そして勃起するのだ。

ハイヒールに踏み潰されたい。

だがハイヒールを履いている女性に「踏み潰してくれませんか」とはお願いしにくい。10人中10人は相手にしてくれないだろう。

俺は出会い系で相手を探すことにした。出会い系であれば自分の性癖にフィットするパートナーを探しやすい。

そして登録から2週間でSMプレイの経験があるという20代の女性と出会った。昔風俗でS嬢をやったことがあるという事実上のプロ。女王様と呼んでも遜色ない女性だと思われる。

「ハイヒールがお好きでしょ」

彼女がメールでそう聞いてきた。どこかのCMで「ウイスキーがお好きでしょ」というのがあったが、それをもじったコピーだろうか。

「死ぬほど好きです」

そう返した。


もっと踏んでくれ! 痛めつけてくれ!

金色のエナメルのハイヒール。踵が高く先が尖っている。彼女によると、店にいたときこれと似たハイヒールをプレイに用いたらしい。俺は一糸まとわぬ姿になると、床に横たわった。彼女は真っ赤なセクシー下着にハイヒール。そそられる。

「女王様の施しを受けたく思います」

「それならまず土下座しな」

俺は彼女の前で土下座し、頭を床にくっつけた。すると後頭部に固いものがゴツリ乗ったのである。

「頭(ず)が高いよ。もっとほら・・・床にこすりつけな」

ハイヒールでグリグリ押さえつける。

―ああ・・・これがハイヒールの踏み潰しか。この感触を待っていたのだ。もっと踏んでほしい。痛めつけてほしい―

それから顔、胸(踵が乳首に当たる)、太股、尻と踏み潰しの刑が続いた。そして最後にペニス。すでに勃起していたペニスに容赦なくハイヒールが迫ってくる。痛いが前立腺を攻められると気持ちいい。

そのまま射精したが、精液の一部がハイヒールの踵に付着した。

「汚え液出しやがって」

彼女は踵を床にこすりつけた。

俺はうっとりした目でその仕草をながめた。


女王様の固いハイヒールの踵が恋しい