彼氏とのデートの前夜に執り行う儀式

彼と普通に交際しつつ他の男とSMを楽しみたい彼女
彼と普通に交際しつつ他の男とSMを楽しみたい彼女

出会い系には色んな女がいるもので、アダルト掲示板で見つけたその女は、彼氏持ちでありながら他の男とSMして遊んでいた。

俺とねんごろな関係にはなりたくないのか、最初から本命彼氏がいることを宣言し、あくまでのSMプレイの相手として付き合いたいと言ってきた。

彼氏にはSM系の素質がないようだ。

「まあ、なくてよかったけどね…彼氏には清潔な男性でいてほしかったから」

嫌なことを言う女だ。

こういうシチュエーションは、M男ならじんとくるのだろうが、俺はその逆だ。どうやってこの女の鼻っ柱をへし折り、屈辱を与えられるかだけ考えていた。

彼女には一応Mの素質があるようで、とりあえず縄と蝋燭から始めた。

「むちゃくちゃしていいのよ…アブノーマルなことをされに来たんだから」

(だったら剃毛すっか…)

彼氏持ちの女にとって剃毛ほど危険なプレイはない。

俺はある日、密かに髭剃りのクリームと剃刀をホテルに持ち込んだ。


「それだけはやめて」デート前夜の非情な恥丘剃毛、そして落書き

「明日デートだから、今日は盛り上がっておきたいわ」

充実したプレイをして、性的に最高潮のモードになったところで彼氏に会いたいらしい。

いちいち言うことがむかつく。こいつ本当はSじゃないかと思う。

俺は全裸の彼女を縄でぐるぐる巻きにし、自由をうばった。

股をひらき両脚をベッドに固定して、お産の妊婦のような恰好をさせた。

「アソコの毛を剃るぞ…覚悟しろよ」

「げええっ 止めてえええっ! それやばいよ」

「何がやばいんだ…毛がなくなるだけだろう」

「彼氏が見たら変に思うもん」

「SMフレンドに剃毛されたと言っとけ」

「ひどすぎ~」

緊縛された彼女に自由はない。足も固定されて股の開閉すらできず、俺の思うつぼだった。

俺は陰部の長い毛をハサミで切り、短くなったところでクリームを塗って剃り上げ、つるつるにした。大声をだして「やめてやめて」を繰り返していた彼女も、彼氏持ち女にとって最高に屈辱的なことをされて、逆に性感を得ているようだった。

しかしその儀式、剃毛だけではない。

俺はつるつるの恥丘に油性マジックで「西尾参上」と書いた。西尾とは俺の名前だ。簡単に落ちないよう、何度も重ね書きした。

プレイのあと、彼女は涙ぐんでいたが、俺を責めることはしなかった。

これもSMプレイの一種なのだ。

彼女はデートでどんな目に遭ったのだろう。

連絡しても返事がなく音信不通になってしまったので、その後の話はわからない。


彼氏とのデートの前夜に執り行う儀式