恥ずかしい姿を無言のまま、じっと見つめる視姦プレイの快感

下着姿のまま目の前に立たせる、俺は恥丘をじっと見る
下着姿のまま目の前に立たせる、俺は恥丘をじっと見る

女は視られることに敏感だ。男の視線にいち早く気づき、防備の体勢を取る、あるいは自分をよく見せようと意識する。

その女の性質をうまく利用したプレイに「視姦」がある。

痴漢と同様に、女の同意を得ずに行われる一方的視姦もあるが、これは衣服の上から行うケースが大半で、かつ女のほうが退散すればそれで終わるので面白くない。

やはり女と合意してプレイとして行う「視姦」が最も興奮するし、女も歓ぶ。

昼過ぎのラブホテル―

視姦に同意した女は出会い系ワクワクメールにいた暇な女。刺激的なことして遊びたいと書いてあったので、俺は「視姦」させてくれと言った。

視姦が何のことが知ってか知らずか、彼女は俺の言いなりになってラブホに同行した。

―こいつはMだ―

直感的に思った。

服を脱がせ、下着姿にさせる。

上下白の地味な下着。

「そこに立ってこっちを向け……両手は後ろにまわして組め」

俺はそっと近づくと、跪いて恥丘を視る。

無言で、じっと視る。

「やだ……やめて……視ないで」

「視ないと視姦にならねえよ」

「なによ視姦って……変なとこ視るだけなの? そんなやらしい目で……」

やや前かがみになり、腰が引けてくる。

「腰を前に出せ……姫丘(ビーナス)を前に突きだせ」

女は言われた通りにする。

俺はそこを視る。

可憐な縦筋を穴が開くほど視る。

顔を近づけ、至近距離からじっと視る。

何も言わず、じっと視る。

「もぅ……いやぁん」


全裸で股を開かせる、俺はマンコをじっと見る

20分ほど下着の上から恥丘を視姦したあと、俺は彼女を別途に移動させ、下着を脱がせてヘッドボードを背に開脚させた。

下着視姦で興奮していたのか、マンコはしっとりと濡れている。

「もっと開け……」

限界まで開かせると、俺はそこをじっと視た。

何も言葉を発しないのがポイントだ。

静寂の時の流れの中で、そこに存在するのはマンコと男の視線だけである。

女は何か言ってほしいと望んでいるはずだ。エッチなことでも言ってもらえたら気がまぎれるし、それに反応して笑ったり拗ねたりすれば恥辱感も緩和される。

だが俺は何も言わない。

無言のまま、じっと視る。

顔を動かし、いろんな角度からマンコを視る。

時間とともに股が動きだす。

膝が動き、落ち着かなくなる。

「両手でマンビラを左右に開け」

すると一筋の愛液がたらっとこぼれ落ちた。

そして、穴の奥を視る。

静かに、何も言わず、じっと視る。

ほとんど接触するくらい近づいて、じっと視る。

そして俺も我慢の限界を迎え、ズボンを脱ぎながらひとこと口にした。

「じっくり視させてもらったけど、本当にスケベなマンコだな」

そしてセックスに突入するのだった。

視姦によって彼女のマンコはジュクジュクに仕上がっていた。

前戯は視姦で十分。



他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~