旦那に内緒で人妻を亀甲縛りで凌辱している

俺の得意技はら亀甲縛りだけど文句ある?
俺の得意技はら亀甲縛りだけど文句ある?

昔、出会い系のアダルト掲示板で知り合った女とSMプレイしたとき、麻縄で縛りすぎて彼女の腕の皮膚を傷つけてしまったことがある。

綺麗な白肌に、5センチほどの擦り傷ができた。彼女は気にしないで、と言ってくれたが、内心怒っているような雰囲気があったので、謝罪して身を引くことにした。

「そりゃケガしたのは悲しいけど、プレイしてたらこのくらいのことあるんじゃないの?」

「SMやる男のマナーに反する…失格だ」

俺はそれからしばらくSMから遠ざかった。

だがひょんなタイミングで、緊縛のチャンスが巡ってきた。

相手は同じ出会い系サイトで知り合った人妻。SMプレイ目的でなくて、単なるセックス目的だったのだが、ある日彼女にM気があることを知らされた。

「うちの旦那はノーマルでさ…つまんないの」

「アブノーマルが好きなの?」

「縛られてみたい」

(飛んで火に入る何とかだ…久しぶりにやったるか)

「俺の得意技は亀甲縛りだけど文句ある?」

「へへ…文句ないよう~」

プレイを始めた。


旦那がこの姿を見たら自殺するかもしれねえな

聞くと、今の旦那と結婚する前、ナンパしてきた男と行きずりのセックスをしたが、そのときホテルのゆかたの帯で縛られたらしい。

帯なので緊縛プレイとは程遠いが、縛られることの快感を彼女は知った。男とはその日かぎりで別れたが、縛られる妄想は消えず、しばらくオナニーのネタになったという。

「旦那にはその気がこれぽっちもないから」

「誰にも言えなかったのか」

「うん、だから亀甲縛りのプロに出会えて嬉しい」

「じゃあ始めるぞ」

俺はでき際よく麻縄で全裸の彼女を縛っていった。

脚は自由にしてやったが、両腕は胴体と固定されたままだ。亀の甲羅から乳房の膨らみが突き出て、乳首が立っている。

「ああ…悶えたくなるわ」

「尻を叩こうか」

「ぶってぶって…お尻ぶって」

旦那が知らない妻のいやらしい姿。

旦那はこの姿を見たら自殺するのではないだろうか。

降って沸いたようなSMフレンドの登場に、俺ははりきっている。

今度は体を傷つけないようにしたい。


旦那に内緒で人妻を亀甲縛りで凌辱している

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~