浣腸プレイはSMかスカトロか

いろんな苦痛をもたらす浣腸プレイの凄み
いろんな苦痛をもたらす浣腸プレイの凄み

女が苦痛にゆがむ顔を見るのが好きで、これはSMをやるしかないと思い、この世界に入った。最近ではいわゆる「SMクラブ」みたいな店舗型の風俗店は影をひそめ、せいぜいSMに特化したデリ嬢が道具を持って出張してくる程度だ。俺はSMの活動の舞台を出会い系にした。同じ出張型なら、素人相手のほうがいいではないか。

似たような性癖を持つ女を出会い系サイトで捕まえた。放置、口枷、緊縛、蝋燭、露出と、一通りSMの基礎は体験したという。

「でも何となく、自分的にすっきりしないのよね~」

そんなM娘のために俺が用意したのは浣腸プレイだ。

女にとって排便を人に見られるのは最大の恥辱。男でもいやなのに、女がいやじゃないわけがない。女にとって人前で汚い便をひねりだすこと以上の苦痛はあるまい。

「だったら君的にすっきりさせてあげるよ」

「何するの」

「浣腸だ」

やや腹痛をもたらし、したくもない便が下がってくる苦痛。

それを男に見られる苦痛。

浣腸プレイにはいろんな苦痛がともなう。


便をひるのが苦痛ならSM、楽しければスカトロ

「それやだ……うんちするのやだ……」

「今日、君は今まで味わったことのない最高のSMプレイに出会うはずだ。絶対に後悔させないから素直に従うんだ」

ホテルのバスルームにシートを敷き、その上で全裸の彼女に四つん這いにさせる。

「やだ……こんな格好でうんちするの?」

「浣腸するんだ……この格好のほうが奥まで入る」

毛マン肉の上に薄桃色の扉が見える。そこに浣腸剤を差し込み、流し込んだ。

「うんこ座りになってもいいけど、俺がいいと言うまでうんこ出すなよ」

「うん」

時間がたって便意が高まってくると、彼女の顔が歪み始めた。落ち着きがなくなり、うんこ座りの足の位置を何度も変えたり、髪をかき上げたり、下唇を噛んだりした。

「もう……だめかも」

「我慢だ……出したら承知しないぞ」

「うう」

顔が青ざめ、太股が震える。下から覗くと、菊門がくひくと蠢いている。

「やだ……もうだめ」

「だめじゃない」

「だめええええ……ああんっ」

俺は決して出していいとは言わず、ぎりぎりまで我慢させ、どうしようもなくなって排便してしまうまで放置する。その追いつめられた顔の歪みが好きなのだ。排便の直前、女の苦痛は最大になる。

しかしそれで終わりではない。

ブルルウウっ ブリリブルブリ……

恥ずかしい大量の便が、男の前にさらけ出されるのである。

「やだあもう……隠して……新聞紙か何かで隠して」

「隠すもんか……しかしおまえのうんこ、超臭えなあ」

「やああもう」

浣腸プレイは女を徹底的に苦しめる。

しかし浣腸プレイはSMだろうか、それともスカトロだろうか。

思うに、女が便をひるのが苦痛ならSM、楽しければスカトロだ。

彼女の場合、明らかに前者である。


浣腸プレイはSMかスカトロか

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://loveloveland.net/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.