清楚なご婦人に手錠をかけて街を歩く

思いきり辱められてくて・・・

出会い系で人妻と知り合った。

なんか特徴のある人妻だと思ったらM女だった。じっくり話を聞いてみると、不倫願望があるわけではなく、SM系のプレイがしたいのらしい。夫はその系統の趣味がなく、欲求不満気味とか。

「ソフトなプレイでいんですけど、思いきり辱められてくて・・・」

「僕だってそんなに得意な方じゃないですよ」

ファミレスでお茶を飲みながら人妻とSMの話をすることになるとは思わなかった。そろそろランチタイムで、近くの席には家族づれの客で満席。楽しそうな家族の談笑に花が咲く。こっちはSMの話。人生いろいろだ。

「とりあえず手錠かけましょうか」

「お持ちになってるんですか」

「メールもらったとき、M系のご婦人だと薄々察していたもんでね」

俺はご婦人の隣に移ると、鞄から銀色の頑丈な手錠を取り出し、白くて細い腕にかけ、施錠した。ガチャリと冷たい音がした。

「これで隠れますから」

男もののマフラーを両手の上に乗せる。

「その辺を散歩しませんか」

金は俺が払い、外に出る。


締めは手錠かけたまま騎乗位ファック

ご婦人と並んでゆっくり歩く。肩から下げているバッグがすぐにずり落ちてくる。

「バッグは僕が持ちましょう」

「すみません」

女もののバッグを持って歩く男と、男もののマフラーで両手を覆って歩く清楚なご婦人。すれ違う人の二人に一人は、不思議な目で我々を見る。これだけでご婦人は十分辱しめられていると俺は思う。たまに横を見ると、幸せそうな表情を浮かべている。

「楽しいですか? 奥様」

「素敵です」

「そろそろ強い刺激がほしくないですか?」

交差点で信号待ちをしているとき、そう言った。大きな交差点で、横断歩道の対面には大勢の人がたまっている。信号が青になると、一斉にこちらに向かって歩いてくる。その瞬間、俺はマフラーを取りあげた。

「ああ・・・そんな」

手錠をはめた清楚なご婦人が横断歩道を歩く。俺はそっと肩を抱く。

世間の人々は我々をどんな目で見るだろう。ご婦人が犯罪者と思うだろうか。俺が私服警官と思うだろうか。

人は皆、ご婦人の手錠を見て通り過ぎる。振り返る人もいる。ご婦人はじっとうつむき、微かに笑みをうかべる。

「ホテルで愛してあげますね」

「お願いします」

ラブホに入る。

手錠をはずすわけではないから自分で服を脱げない。俺が一枚一枚脱がしていき、ついに裸になる。ベッドに仰向けにし、股を開いて女陰を確かめる。

「濡れてやがる」

「すいません」

女陰はジュクジュクになっていた。手錠はめて町を歩かされ、人々の視線を浴びて興奮したのだろう。

俺はご婦人を四つん這いにさせて、尻側から女陰を舐めまくった。すると愛液が吹き出てきた。

「手錠したままオマ○コ舐められたら気持ちいいのか?」

「気持ちいいです」

「じゃあ刺してやる」

俺は固くなったマラを生で挿入した。しばらくバックで楽しんだ後、騎乗位になる。夫人は持て余した両手を上げたり下ろしたりする。手錠のそばで乳が揺れる。

「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」

喘ぎまくる清楚なご婦人。手錠の金属がカチャカチャせわしい音を立てる。激しく突きまくり、中出しした。M女は中出しされても文句を言わないことを俺は知っている。

「ありがとうございます」

なんて礼を言うくらいだ。

「手錠はそのままにしておく。鍵だけ渡すから自分で開けるか、無理なら誰かに開けてもらえ」

そう言ってご婦人と別れた。

それからご婦人がどうなったか、俺は知らない。


清楚なご婦人に手錠をかけて街を歩く

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.