生臭いものが嫌いな女に精液を飲ませた話

精液は見るのも触るのも嫌です!

俺はS系の男だが、出会い系で出会った彼女はノーマルな女性だった。掲示板にも「素敵な人と出会いたい」なんて書いてあったし、プロフの趣味も「読書と音楽鑑賞」だった。村上春樹とユーミンが好きらしい。

彼女がMなわけがないし、SM系のプレイを許してくれるとは思えない。やっぱりそれ系の女性にターゲットを絞って探すべきだったと後悔しつつも、顔が可愛いしおっぱいも大きそうなので我慢しようと思った。

―SMは無理だなー

でも何かできるプレイがないか考えた。そして思いついた。

「強制精飲」だ。

精飲とは文字通り精液を飲むこと。「ごっくん」とも言う。これはM系の女性にかぎらず、精液に抵抗のない女性ならできるプレイだ。できるとしたらこのプレイだろうと思う。

三回目のデートで、ついにホテルに行ってもいいと言われ、やっとセックスの許可が出た。さっそく強制精飲を試そうと思う。だが念のため前もって聞いてみる。

「あのさ、男性の精液をさわったり匂いかいだりしたことある?」

ベッドインしたとき、そう聞いた。すると顔をゆがめた。

「精液は見るのも触るのも嫌です!」

「なんで」

「生臭いものは嫌いなんです。レバーも嫌ですし、刺身も抵抗があります」

これでは強制精飲など遠い話。

でもこれであきらめる俺ではない。ますますS男の血が騒ぐ。


禁欲10日間で溜まった精液を口中放出

強制精飲の話はしなかった。リクエストしても断られるのは火を見るより明らかで、セックス自体を拒否される可能性もある。彼女とセックスしたいからそれは困る。

とりあえずセックスしよう。強制精飲は折をみて考えよう。とりあえず10日間の禁欲生活にピリオドを打ちたい。

ベッドインしてセックスを始めた。予想した通り豊乳で、揉みがいある。デカパイは感じにくいと言うがそんなことはなく、感度も抜群だった。

「オッパイ気持ちいいか? うん?」

「ああッ・・・ウウッ・・・気持ちいいわ」

壺の濡れ具合が最高で、膣圧もよさそうだ。指を入れたら、ニュッと締まる。

「生で入れるぞ」

「中で出さないでね」

「わかってる」

可愛い女の豊乳と生膣の感触を楽しむ。男に生まれて良かったと改めて親に感謝。

出そうになる。

「オッパイに出していいか」

「いいわよ」

「オッパイに出すとき、思いきり喘いでくれ。女の喘ぎ声を聞きながら出したい」

それから射精寸前まで上りつめると、ペニスを抜いて立ちあがる。

「あぁああん・・・いヤッ・・・アアン」

約束通り彼女が口を開けて喘ぐ。

今だ!

俺はオッパイでなく、彼女の口の中に射精した。

「うぐううう・・・何・・・なになになに?」

精液を吐きだそうとするが俺はその口を強制的に抑えた。まだ射精の途中だったのでペニスを口に押し当て、残りを出す。どろりどろりと精液が口元からあごを伝って首に流れていく。

「やだ・・・ぐるるる・・・ごほごほ!」

どうやら飲んだらしい。

「ひどい・・・気持ち悪い・・・吐きそう」

彼女、なりふり構わずバスルームに消えて、しばらく出てこなかった。

当然ながらその日俺はふられた。

だけど強制精飲が体験できたからよしとする。彼女が精液嫌いだった分、達成感は大きい。

S男に生んでくれた親に感謝。


生臭いものが嫌いな女に精液を飲ませた話

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.