綺麗なお姉さまから淫語責め。幸せなボクちゃん

おまえの粗チンが見たい言われて嬉しかったボクちゃん

出会い系で知り合ったOLのお姉さまはS女だった。昔からSの女性に会いたかったボクちゃんは嬉しくてたまりません。ボクちゃんはさっそく淫語責めのプレイをリクエストしたのです。

「いいよ。やってやるよ。そのかわり泣きべそかくんじゃないよ。この小便小僧」

最初から強烈な女性でした。

ホテルに入ると、服を脱ぐことを強制されたのです。

「おまえの粗チンが見たい」

「そちんって何ですか」

「粗チンも知らないの? おまえのチンポコのことさ。小さくて情けないチンポコのこと。早く見せてよ、早く」

ボクちゃんはズボンを脱いでパンツを下ろしました。

「ぎょえええッ!・・・包茎じゃない。サ・イ・ア・クっ・・・粗チンプラス包茎なんて、まさにこの世の悲劇、世界の終わりだよね」

勃起していませんから、小さなチンポコでした。

「皮むいて・・皮! 子亀の頭を見てみたいわ」

僕はするっと皮を向きました。一応仮性包茎ですから楽にむけるのです。

「真っ赤な亀頭だわ。・・・まるで小学生の亀頭だわ。ちっちゃいし、キレイだし。でもお姉さまは嫌いだな。こんなチンポコ何の役にも立たないわ」

淫語責めは長く続きました。

ボクちゃんは恥ずかしくて怖くてびくびくしてましたけど、嬉しい気持ちもありました。そんな風に言われるのが好きみたいです。


淫語責めされないと勃起しないボクちゃん

「オナニーの仕方知ってる? オナニーしてほしいんだけど。いやその前に、そのチンポコ、勃起したことあんの?」

「勃起したこと、あります」 (小保方○子さん風に言ってみました)

「へえ、だったら勃たせてみて。やれるもんならやってみて。このガキチンポコ」

小さなチンポコをこねるように揉みこみ。少しずつ大きくしていきます。薄いピンクの亀頭がだんだん深紅になっていきます。

「おおお。勃った! 勃ったねえ! よかったねえ。それって一応チンポコなんだね」

ボクちゃんは必死にオナニーをしました。何とか立派に射精しないといけないと思いました。

「ううう」

だんだん気持ちよくなってきます。

「一人前に気持ちよさそうな顔してるじゃない・・・おまえも気持ちがいいの? そのチンポコでも気持ちよくなるんだね」

そしてついに射精。

床にピュッ! ピュッ! っと白い粘液が飛び散りました。

「きたねえ精子出してんじゃないよ! ああ、汚な」

ボクちゃんはティッシュで綺麗にふきとりました。

するとお姉さんは表情を変えました。

「こんな感じでよかったかしら。ひどいこと言ってごめんなさいね。・・・私も久しぶりでドキドキだわ」

と手のひらで顔を仰ぐお姉さん。笑顔が素敵です。

「いやとんでもないです。またお願いします」

お姉さんとは会うたびに淫語責めしてもらってます。そして最後にセックスします。

セックスしているときも淫語責めくらってます。W


綺麗なお姉さまから淫語責め。幸せなボクちゃん

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.