美人女子大生に恥ずかしいことをさせてみよう

混雑したコンビニでエロ本とコンドームを買わせてみよう

出会い系で知り合った女子大生のM女に羞恥プレイをすることになった。
彼女はMで、刺激的なプレイを望んでいる。羞恥プレイを選んだのは俺の希望。彼女は初めてだったが、体験してみたいと言う。

羞恥プレイとは、文字通り恥ずかしいことをさせたり、言わせたりしてSとMが同時に快感を得る行為だ。俺は過去何回か経験があるが、経験者が多かったのであまり面白くなかった。今回の女子大生は羞恥プレイバージンなので楽しみ。

「どうしたらいいんですか」

「そうだな。コンビニでエロ本とコンドームを買ってもらおう」

「やだぁ・・・恥ずかしくてそんなもの買えない」

「羞恥プレイってのはそういうものだ」

俺は昼時で混雑したコンビニを選び、エロ本とコンドームを買わせた。

弁当やパン、惣菜などお昼ご飯を買い求める客がずらりと列を作る中、彼女が手にしているものは過激なエロ本とコンドームだ。エロ本のタイトルは「巨乳OL大集合! Eカップの甘い誘惑」。

客は不審な目で彼女を見る。

「この女、どうかしてる」

「彼に頼まれたのかな」

「昼休みにあれでオナニーすんのかな」

なんて囁き合っているかもしれない。

彼女はずっと下を向いていた。

「1,585円になります」

お金を出す彼女の手は震えていた。

これぞ羞恥プレイ。ひひひ。


締めは強制オナニー観ながら酒を飲む

それから俺のアパートに移動。

「エロ本とコンドームの買い物ご苦労様。助かったよ」

「もう・・・いや」

「これが羞恥プレイだ。楽しめ」

「もう終りなんでしょう?」

「これから後半戦だ」

「なに・・・するんですかあ」

泣きそうな顔。

「簡単だ。君がいつもやっていることだ」

「何ですか」

「そこでオナニーして」

彼女に俺の目の前で強制的にオナニーさせるのだ。

「できません」

「やるんだ。これはご主人さまの命令だ」

居間で一人裸にさせて、オナニーをさせた。

「イクまでやるんだ。いいな」

彼女は怯えた目で腰を下ろすと、脚をM字にしてクリを弄りだす。ときどき指で乳首をつまんだり転がしたりした。

「ううう・・・ふぅん」

俺はそれを見ながらビールを飲む。

ときどき彼女に近づくと、顔をじっと視る。手の動きを見る。性器の濡れ具合を見る。そしてまたじっと顔を視る。彼女は恥ずかしそうに顔を隠し、手を止める。

「止めるな! もっと集中してオナニーしろ。俺をバカにしとんのか。ちゃんとクリ弄れ!」

と怒る。これもプレイのひとつだ。彼女は恥ずかしさと恐怖の中でひたすらオナニーをし続けなければならない。しかも絶頂を得るまで止められないのである。

お気づきの通り、普通の感覚をもった女性であれば、この状態で絶頂など得られようはずがない。女性の性的快感はきわめてメンタル性が強く、恥辱や恐怖の中では得にくい。

だが彼女は少々違う。辱められれば辱められるほど、恐れを感じれば感じるほど、性的快感が増す女なのだ。

「ウウウゥッ・・・あァァッ」

「うううん。だんだんいい顔になってきたねえ・・・気持ちよさそうな顔だねえ。君のパパやママが見たらきっと感動するだろうねえ。娘もやっと一人前になったってねえ」

「あぁ!イ、イヤ・・・アァァッ!」

「ほほほう・・・濡れてきたねえ。ぐっしょりだねえ。指がマ○コ汁でキラキラ光ってるじゃないかあ・・・おおう、ワンダフル」

「アウウッッッッ!」

やがて絶頂に達した彼女。

その日の羞恥プレイは無事に終わった。この次会ったときは何をさせようか考えながらビールを飲み干す。ひひひ。


美人女子大生に恥ずかしいことをさせてみよう

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.