美女のお尻がイチゴ大福になるまでスパンキングした

俺がスパンキング好きな理由
俺がスパンキング好きな理由

パシッ! パシャッ! ピシッ! パンッ! パチンッ!

「うう・・・痛い。もう許してください」

四つん這いの美人OLの桃尻をスパンキング。

「許さねえよ・・・おめえのケツは俺のもんだ。おめえがガタガタ文句言う筋合いはねえ」

パシッ! パシャッ! ピシッ!

スパンキングが続く。自分の手のひらが痛くなるほどたたき続けている。

俺はスパンキングが好きで、何十分でも何時間でも叩き続けることができる。どうしてこんなにスパンキングが好きなのか、それは後で書く。

彼女は出会い系で捕まえた美人OLで、会ってみたら気弱そうだったのでSMやってもいいかと言ったら、昔遊びで緊縛したことがあると答えたので、これ幸いとスパンキングの相手になってもらった。だがこんなに酷く執拗に叩かれるとは思わなかったのだろうか、最初のころに見せていたわくわくした笑顔はとうに消えて、ほとんど泣きそうになっている。

パシッ! パシャッ! ピシッ!

俺がスパンキング好きな理由はこの音にある。

女の尻の肉を叩くこの音。この音を聞くと、大好きな女の尻が今ここにあることを実感することができる。目と耳で尻を感じることができるからだ。


赤くなっただけじゃなくて少し腫れてしまった尻

セックスしたくなってがまんできなくなったら、いったんスパンキングをやめてセックスに入る。それも後ろからだ。彼女は一度も体を反転させることができない。手で尻を叩かれたあとは、ペニス付きの下半身で叩かれるのだった。

パンッ! パンパンパンッ! パッ! パパンパンッ!

この音もいい。赤くなっているだけじゃなくて、少し腫れた尻を叩き続け、射精直前で抜いて尻に精子をかける。それはさながらイチゴ大福にミルクをかけたような感じだった。

俺は精子をのばして尻全体に広げるとまたスパンキングを始めた。

精子で摩擦係数が高くなっているのか、音がやや鈍い気がする。

バシャッ! チャバッ! ボッチョッ! バシャ!

この音もなかなかいい。

俺は尻の存在を感じると同時に、自分が発射した精子の存在も感じることができた。つまりセックスの存在を感じることができたのだ。

「また叩くの???」

「うるせえ・・・黙ってその格好でいろ」

「いつまで叩くのよう・・・」

「またセックスをしたくなるまでだ」

だがセックスしたらしたでまたスパンキングが待っている。

際限なきスパンキングプレイに、彼女がついに涙を流した。

女が泣くまでスパンキングしたのは生まれて初めてのことだった。


美女のお尻がイチゴ大福になるまでスパンキングした