軽やかな鈴の音で始まる乳首責めの夜

なんでこんなもの買ってきたの? 痛いだけだわ

出会い系で知り合った女子大生とは週に2回のペースでセックスしている。僕も学生の身分なのでお金に余裕がなく、バイト代の大半はラブホ代で消える。もったいないけど背に腹は代えられない。セックスは気持ちがいい。

できればもっと気持ちよくなりたい。

二人とも快楽の追求には余念がなく、アダルトグッズなども一通り試した。でも満足しない。何か他に快楽の道具はないものか。

俺はひとりでアダルトグッズを売っている店を歩きまわった。そしてある道具を見つけた。

乳首クリップ。

彼女の乳首は大きくて感度が高い。これを装着すればもっと感じてくれるのではないか。

今まではクリトリスやヴァギナのことしか念頭になかったが、乳首も重要な性感帯だ。今回は乳首を攻めてみよう。乳首責めだ。

ところで購入したクリップには鈴がぶら下がっている。鈴は重りの役割を果たす一方で、女性を辱しめる役割も演じている。乳が揺れたら鈴も鳴る。軽やかな鈴の音は乳の声でもある。

さっそく試してみる。

「痛あい・・・・痛あい。何これ・・・・痛いだけじゃない。全然気持ちよくないわ。なんでこんなもの買ってきたのよ」

「気持ちよくなるかと思って」

「いきなりSMグッズ買ってくるなんて、どうかしてるわ」

快楽の追求者はいずれSMの世界に行きつくのかもしれない。


痛いけど気持ちいい。ジンジンしてくる

でも彼女は決して嫌がっていなかった。

毎回セックスを始める前に、彼女はこの乳首クリップを装着して鈴を鳴らすのだ。カウベルを鳴らして親を呼ぶ子牛のように。

「オマ○コ舐めて」

立ったまま股を開く彼女。俺は股の下にもぐりこんでヴァギナを舐める。

「うふううん・・・・気もちいいわ」

鈴が鳴る。

「痛いわ・・・鈴が揺れると痛いわ」

「外そうか?」

「外さなくていい。痛いけど気持ちいい。ジンジンしてくる・・・ああんッ!」

彼女は回数を重ねるごとに乳首クリップの快感に目覚めていった。

今ではこのグッズなしに二人のセックスはありえない。ずっと乳首責めしたままセックスすることもある。立ちバックとか、駅弁とか。

二人の快楽追求は止まらない。きっとこのままSMの世界にのめりこんでいくことになるだろう。


軽やかな鈴の音で始まる乳首責めの夜

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.