鈴の音を聞くと思いだす彼女とのニップルクリップセックス

鈴の重り付きのニップルクリップでデカ乳首を挟んでやった
鈴の重り付きのニップルクリップでデカ乳首を挟んでやった

鈴の音を聞くと、あの女とのSMプレイを想いだす。

あれは約2か月前。出会い系サイトで知り合った女とソフトSMプレイに興じていた。場所はラブホ。彼女は乳首が感じやすく、チクニーだけでイケると自慢していた。

「乳首攻めでイカせて欲しいの…舐めたり転がしたりするだけでなくて、つまんだりひねったり、甘噛みとかしてほしい」

これが「SM」になるのかどうかわからないが、多少きつめの刺激を加えないとチクニーだけでは絶頂に行けないようだ。

広い意味でのSMになるのだろうか。

俺はある器具を使うことを提案した。

「ニップルクリップはどうだ」

「あれ、痛そう」

「だからいいんだ…SMだから多少は痛くないと面白くない」

後日のプレイで、俺はニップルクリップを持参した。クリップ部分はアジャスターで挟む強さを調節できるようになっていて、刺激を加えるために50グラムほどの銀玉の重りが付いている。そして重りには「鈴」もついている。

日ごろのチクニーで肥大した彼女のデカ乳首に、そのニップルクリップを装着した。

「痛い…これ、やばあい」

眉をひそめる。

動くと、鈴がチロリンと鳴る。


立ちバッグでしているときずっと鳴り続けた鈴

痛みのせいで彼女の体は前のめりになる。乳首は重りで引き延ばされ、牛の乳首のようにだらしなくなっている。

俺は意地悪して乳首を揺らす。重りが振り子のように上下左右に揺れ、鈴が鳴る。

チロリン…チリン…チリリン

「ううう…痛いよ…痛いよ」

「気持ちいいか」

「痛いだけ」

「そのうち癖になるさ」

ニップルクリップをぶら下げた状態で壁に手をつかせ、尻を突き出させて、後ろから立ちバックでハメた。舐めても触ってもいないのだが、性器はじゅくじゅくに濡れていた。ニップルクリップで彼女はあきらかに興奮していた。

ズコズコと穿つと、鈴が鳴る。尻を叩く音と彼女の黄色い声、そして鈴の音が混じり、淫猥な響きになった。

パンパンパン…パン 

「あんっ あんっ あーっん!」

リリン リロリン リンリン リン

彼女はニップルクリップが嫌いではなかったようだが、これでイケる気はしないと苦笑した。

そんなわけで、互いの趣向が合わずに数回のプレイで別れてしまった。

今でも鈴の音を聞くと、彼女のデカ乳首が瞼に浮かぶ。


鈴の音を聞くと思いだす彼女とのニップルクリップセックス

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~