鼻フックでブスを美人にしてあげた

だんご鼻のブスに提案したこと

出会い系サイトでブスを探した。無性にブスに逢いたくて仕方なかった。理由は、ブスを美人に変身させる器具を手に入れたからだ。手に入れた以上、実際に使用してその効果を確認したいと思うもの。

さてその器具とは何か。

鼻フックだ。

女の鼻にひっかけて、ブタのような鼻にする道具のこと。この道具を使えばブスは確実に美人になる。

美女ぞろいの出会い系サイトでブスを探すのはなかなか難しいが、やっと見つけた。顔が丸くて目が細くて一重まぶた。唇は厚く、だんご鼻。これぞ理想のブス女。おまけに少々太目の体型だ。

「彼が欲しい」

掲示板にはそう書いてある。

「僕が彼になってあげましょうか?」

「私は可愛くないけどいいかな?」

「僕が可愛い顔にしてあげる。誰でも美人顔になる画期的な機械を手に入れたんだ。君に使ってみてもいい?」

「私が可愛い顔になれるなんて、なんてこと! 楽しみだわ~」

ホテルで会うことにななった。


醜いものがさらに醜くなる瞬間、エクスタシーを覚える俺

ホテルの部屋に入ると、さっそく鼻フックの説明をした。

「これは鼻フックっていう道具でね、女性の鼻にひっかけて固定するんだ。鼻は豚さんのようになり、一瞬のうちに美人顔に変身するってわけ」
彼女、怪訝な顔で鼻フックを見る。

「本気で言ってんの?」

「君は誰に可愛い女だと思われたい? 世の中で一人選ぶとしたら誰だ」
「あなた」

「だろう? 彼になってくれる男から可愛いと思われたいだろう? 俺が可愛いと思えば、君はそれで満足だろう?。他の男が君のことをどう考えようと関係ないだろう?」

「まあ・・・・そうだけど」

「俺が君の鼻フック顔が可愛いと思えばそれでいいはずだ。俺を信じろ」
早速彼女に鼻フックを装着。

だんご鼻はきゅうーーーっと引っ張られ、たちまち鼻の高い豚鼻に変身。
「痛い・・・」

その顔は豚そのものだった。まぬけさを通り越して、ある種の恐怖感をいざないそうな豚顔だった。化け物と言ってもいい。

だが俺はそこに「美」を感じる。醜いものがますます醜くなる瞬間に、エクスタシーを覚える。

俺は烈しく勃起した。ブスを見ても勃起しないが、鼻フックをしたブスには勃起するようだ。俺は鼻フックの豚をベッドに倒すと、下半身を裸にしてセックスを始めた。

「きれいだよ、とっても。君はこの地球上で一番の美人だ」

「うううっ!・・・いやぁんぁぁん」

豚の処女マ○コに固い肉棒を突き刺し、強烈なまでの快感を味わった後、鼻フックの顔に顔射!

彼女とはその日限りで別れた。もう用はない。

出会い系で再びブスを探す日々が始まる。


鼻フックでブスを美人にしてあげた

他サイト更新情報~出会い系サイト体験談~

A feed could not be found at http://milky-east.com/feed. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.